スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Triumph 125!

トライアンフが125CCを開発中?

本当ですか?

ファミバイ保険で、
トライアンフに乗れるんですか?w

ソースはこちら


全モデルのチッチェェのんがほしいw


-----------------------追記-----------------------
日本語訳を掲載してみますw



トライアンフ125ccの噂が再浮上する
彼らは前にそれを否定したが、ミニトライアンフはカードになりました?

日時:2012年4月16日
でVisordownニュース

インドの新聞ヒンドゥーでは、トライアンフは、
世界最大の二輪車市場の一つの最大のセールス部門に取るように
2013年末までに125ccのマシンを起動するために計画されていることを報告しています。

47160.jpg


紙のビジネスセクションに従って(www.thehindubusinessline.com)
トライアンフ代表は、昨年のプロジェクトの将来の部品供給業者と出会い、
カルナタカ州では今年に設定する予定である同社の新しいインドの組立工場でバイクを作ることを計画。

最初に、植物はBonnevilles、ストリートトリプル、スピードトリプルとDaytonas、
インド市場に向かうすべてを行いますが、
それはまた、安価なマシンの範囲を製造するために予定していると考えられる。
250ccクラス、350ccで範囲内のマシンがすでに開発中であると考えられ、
インドやブラジルのいずれかで構築される可能性があります。

125ccクラスマシンの作成は、トライアンフの小容量のバイクが大部分ではまだですが、
またヨーロッパに学習者の法的マシンを提供するインド市場で良いポジションだけでなく、を与えるだろう。

トライアンフは、他のメーカーからの過去、小容量のモデルで125ccクラスのうわさを否定しているが、
おそらく何その可能性をしっかり把握して勝利を与えて、
トライアンフの独自の新しいモデルと並んでここ数カ月の間に
イギリスの会社の待遇のテストトラックの一部で循環見られているライバルは現在、
エントリーレベルの部門で提供しています。

ヒンドゥー教でもハーレーダビッドソンは、独自の新しいインドの組立工場で作られて、
インド固有のモデルを計画しているという報告をエコーし​​ます。
トライアンフ125のように小さくはないが、
それは年に見られる最小の(そして安い)ハーレーはるかにそれを作る、
500ccクラスと750ccに間になるように数えている。


以上、Google Chrome の訳なので、
変な文章ですが・・・w
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/19 14:23 ] バイク | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。